どのようなプラスチックも生物分解可能プラスチックに変えます!


ECMバイオフィルム会社は1998年創立の製造会社です、標準のプラスチック樹脂に添加剤を与えて生物分解可能なものにしてプラスチック市場の開発と革新に貢献しています。 これらの生物分解可能なプラスチック製品は価格競争力があり、従来の非分解製品と同じ機械的特長を有しています。


その革新的な添加剤技術は、最も広く使われているプラスチック樹脂に1%を投入すると混合されて仕上がりが他の望み通りの特徴を残したまま生物分解可能な最終プラスチック製品となります。この技術の潜在的な使用法は想像だけに(今は)限られています。


ECMの使命は、プラスチック産業を取り巻く廃棄物削減と環境問題への努力に貢献する一方、最高の価値を顧客と供給者に絶えず与えることです。


サイトマップ
ウェブサイトのデザインと 78 の設計家によって開発

Valid XHTML 1.0 Transitional